2017年2月

婚活名刺作成中☆

婚活中の方は、合コンなどで気に入ったお相手がいた場合、
名刺を渡すべきかどうか、迷ったことがあると思います。
確かに、ビジネス名刺は、身元を証明できるので信用度がUPするのですが、
合コンは、あくまでプライベートな場所。。。
そのような場所で、ビジネス名刺を出してしまうことに抵抗のある方は
多くいらっしゃると思います。

今回、そのような方向けに(有)アオキさんが、
なんと「婚活名刺」の作成にご協力してくださるそうですshineIMG00205_Burst01.jpg

アオキさんは、流山市の地元でご活躍の印刷会社で、
私も以前からお世話になっています。

本日、スタッフの方がサンプルを作って
持ってきてくださいました。
もちろん、掲載内容は自由に変更できますし、
自分の写真は勿論、
ペットの写真を入れたりすることもできますflair

ちょっとカジュアルな名刺を持っていると、
合コンのときに活躍しそうですよねnote
ビジネス名刺とは違って、自己PRがしやすくて
渡された方も親近感がもてるので、大活躍しそうですgood

当サロンの会員様の中で、名刺作成に興味がある方は、当方までお知らせください。
現在当サロンの会員様および、3月までに新規ご入会の方には
Y&Mブライダルが10枚無料でお作りいたします
heart04

当サロンの会員でない方は、直接お申込みも可能ですので、
(有)アオキにぜひお問い合わせくださいねhappy01

http://www.aoki-print.com/index.php

 

 

 

 

 

ぎこちない会話でも

「お見合いで、会話がはずまなかった・・・。」という会員さんが、
最近増えているかもしれません。。。
お互いにプロフィールを事前に読んでいるので、
基本的にはそこから話を膨らませることが多いと思うのですが、
そうは言っても、相手の反応がいまいち・・・ということもあります。

でも、なぜか相手の反応があまり良くなかったというときに
OKの返事がくることが多いのですよ~。
「会話がぎこちなかったので、きっとダメだと思います。」とか、
「最後の頃は、帰りたがってたように見えました。」など、
相手はきっとNGだろうな~と思っていると、なぜかOKの返事がくる・・・happy01

逆もしかり。。。
「会話もとっても弾んで、とても楽しい時間が過ごせました~。」
それなのに、なぜかNG・・・ということもありますよ。
でも、それはその人自身がNGということではなく、
結婚に向けて歩んでいくなか、
どうしてもクリアできない条件のようなものが理由のことが多いです。
例えば、住居地とか、両親のこととか・・・でしょうか。

良い意味で期待を裏切られた場合(NGと思っていたのにOKがきた)は、
あまり詮索せず、素直にそのお相手と向き合うのが一番ですnote

人って、自分の思い込みで判断しがちですが、
気持ちの表現の仕方も、人それぞれ違うので、
そこを理解しながら、相手を受け入れていかなければならないと思います。

結局、相手の本当の気持ちなんて、簡単には分からないものなんですよねcoldsweats01

その時にしかできないこと

先日、ずっと会っていなかった人に久しぶりにメールしました。
そして、すぐに彼女から返事がきたのですが、
少し疲れているような印象を受けました。

なぜだか分からないけど、私は彼女に会わなくてはいけない気がしました。
私は仕事も詰まっていて、時間があまりなかったのですが、
とりあえず一目会うだけでもと思い、翌日彼女のところに行きました。

何年かぶりで会えたのですが、少し話をして帰ってきました。
お姉さんが病院に入院して、毎日お見舞いに通う毎日。
仕事もこなしながらなので、とても疲れていたようです。

私は、彼女のことをとても尊敬しています。
今までも、たくさん助けていただきました。
だからこそ、今回は彼女の役に立ちたい・・・そう思いました。

結局、顔を見にいくことしかできませんでしたが、
それでも、「ありがとう」と言ってもらえて、私もほっとしました。
本当はお互い時間があれば、ゆっくりお話できるのですが、
改めて時間をつくるとなるとなかなか難しい。
でも、会いたいと思ったときに行動しないと、
何年も何年も経ってしまう・・・お互いに家族がいればなおさら、それが多くなります。

それでも、その時にしかできないことってあると思います。
それが、人との関わりであれば、なおさらです。
その時にしかかけれれない言葉、
その時にしか渡せないもの、
その時にしか共有できないこと。

人生の中で、いざという時、決断しなければならないときってあります。
それを先延ばしする人は、結局何もできないかもしれない。
でも、行動すれば何かが変わる。
人のためにも、大切な家族や友人のためにも、そして自分の人生のためにも、
その時にしかできないことを大切に、生きていきたいと思います。

小さなコップに幸せいっぱい

今日は、以前私がお世話になった英語の先生から聞いたお話を書きたいと思います。
先生は、英語の授業と同時に異文化についてもお話してくださる方でした。
英語そのものを学ぶと同時に、文化の違い、
それによる人の考え方の違いなどが学べて、
私は、その先生の授業がとても大好きでした。

今でも時々思い出す、コップの水のお話。水.jpg

たくさんの水が入っている大きなコップと、
半分くらいの水が入っている小さなコップ。
大きなコップには不満げな顔が書かれていて、
小さなコップには、ニコニコ笑う顔が書かれています。

大きなコップにたくさん水が入っていても、満足しない人。
小さなコップに半分水があれば、すごくハッピーな人。

ようするに、幸せの感じ方、とらえかたは人それぞれだということ。

ちなみに、日本人がどちらのタイプかというと、
大きなコップにたくさん水が入っていても、満足しない方だそうです。
ラテン系の人は、小さなコップの方みたいですよ~happy01
もちろん、これは文化、習慣による傾向なので、
個々の考え方によっても異なるとは思うのですが・・・。

結婚は、二つのコップが一つになり生活することなんだと思います。
お互いの価値観も考え方も違うけれど、
家族という一つのコップに、水を注いでいくものなのかもしれませんねnote

自分で決断することの大切さ

結婚相談所といっても、今は一昔前のイメージとは違ってきています。
婚活という言葉が当たり前になってきた昨今、
多くの方が足を運ぶようになってきたのではないでしょうか?
もはや、時間を無駄にせず、効率よくお相手探しができるという点では、
結婚相談所はお勧めの場所ですheart04

私のところにいらっしゃる方は、ほとんどが紹介の方なので
入会するのに迷ったり、悩んだりする方は少ないです。
でも、中にはなかなか入会を決められず、
どうしよう~と言いながら、半年くらい経ってしまう方もいらっしゃいます。

最近は、様々な情報が飛び交う中、
何か決断するにも、なかなか決められないことって多いですよねsweat01
それは結婚相談所に限らず、何にでも言えることかもしれません。
例えば、ランチのお店を選ぶにしても、インターネットでは情報が多すぎるし、
結果、どれを選んでよいかわからない・・・選ぶ基準がわからなくなる・・・
そんなことは日常茶飯事です。

でも、最終的には何事も自分で決めて行動するのが良いんですよね。
人に言われたからとか、あの人もやっているからとか、
そのようなことは、決断の後押しをするかもしれないけれど、
最終的に決めるのは自分なんだと、自信をもって前にすすみたいものですhappy01
大切なのは、自分が選んだ道を歩むことなんだと思いますsign03

 


 

1