2014年4月

家事ができない男性でも・・・

最近体調が優れず・・・
周囲の方には、いろいろとご心配をおかけしましたdespair

家事ができない男性と結婚した私は、
自分が食べられない時も、ご飯を作らなければならない・・・sweat02
主人は全くお料理などできない人なので、
私も、ご飯だけは仕方ないな~と思いつつ、用意をしていますrestaurant

男性も家事に協力するのが当たり前flair
九州男児でも家事をするというこの時代に、
「ここまで何もできない人もいるもんだ・・・。」と思うほどcoldsweats01

家事なんて何ひとつできない主人でしたが、
長年少しづつ教育すれば、なんとかなるものです。
結局、お料理だけは絶対無理のようなのですが、
今回は、お洗濯やゴミ出しなど、できることを協力してくれましたnote

最近は、できることをやってくれる・・・それで良いかな~と思っています。
正直、最初の頃は「どうして私ばかりやらなきゃならないの?」と思っていましたが。
あれもこれも出来なくても、それは彼自身が悪いわけではない。
家事が得意な男性もたくさんおりますが、
それは人それぞれ、個性だし。

要は、助けてくれる気持ちがあれば、それでいいかな・・・とconfident

私も仕事と家事、すべて完璧にできるわけではないので(笑)
ちょうどいいのかな~。

昔、10代の頃に読んだ、山田詠美さんの本に、

「あなたのためにお皿を洗いたいときは私が洗うわ。
お互いのためにやりたいと思った方がそれをすればいい。
もし、二人ともお皿を洗いたくないときは、そのま放っておいて、私たちはただ愛し合っていればいいのよheart02

というようなことが書いてあったかな~。
本当にその通りですsign03

結婚相手に望むことって、本当は何なのかしらね?

突然のお見舞いに・・・

普段健康そのものの私が体調を崩し、
今月は少しゆっくりさせていただいておりました。
ブログもなかなか更新できず・・・sweat02

先週、予定の打ち合わせをキャンセルせねばならない状況になり、お見舞いお花.jpg
本当に申し訳なかったのですが、
1件、業者さんとの打ち合わせを延期させていただきましたdespair
大変ご迷惑をおかけしました・・・bearing

すると翌日、玄関先にお見舞いのお花とお菓子が・・・

私のほうがご迷惑をおかけしたのに、
わざわざお見舞いに寄ってくださったみたいで・・・

あとから、「玄関先に置いておきました!」とメールがきてびっくりsign01

お世話になっているのは私の方なのに、
いろいろとお気遣いいただいて、大変恐縮です・・・。
ありがとうございましたconfident

ふと、自分は普段お世話になっている方に、
そういうちょっとした心配りができるかな?と考えました。

いざというとき、人の優しさってわかりますよねheart01

自分もそういう心配りができる人間でありたいですconfident

 

 

STAP細胞

民放は一部予定を変更して、小保方さんの会見を中継していましたねsweat01
世紀の大発見ともいわれたSTAP細胞shine
あれだけ注目されていただけに、
今回の小保方さんの会見は、国民が大変興味を持ったのではないでしょうか?

マスコミの報道を見ても、今回の問題がすべて明らかになったとは思えません。
ひとつは論文に不正があったか否か、
そしてもうひとつはSTAP細胞の存在sign01
これらはまったく別の視点で考えなければならない問題だと思いますflair

医療は日進月歩と言われます。
病気や事故の後遺症と闘いながら生きている人、遺伝的な病気を抱える人など、
多くの人に夢と希望を与えたSTAP細胞shine
Natureに掲載されてからすでに数か月経った今・・・
理研VS小保方さん・・・という会見をしていることが、とても残念です。
本来なら今頃、STAP細胞が世界中で研究され、
新たな研究が始まり、発展すべき時期だと思うのですが・・・。

結局、論文の疑義から始まり、STAP細胞の存在自体も分からなくなってしまったようですが・・・sweat02
小保方さんが、はっきりと「STAP細胞はあります!」とおっしゃったので、あるんでしょう?
小保方さんご自身も認めた「勉強不足」「未熟さ」などを
十分にサポートしてくださる方がいたら、こんなに大きな問題にはならなかったのかな?

科学は現象の積み重ねが結果ですからね。
科学に嘘はつけないはずです。
・・・と、理系の主人とSTAP細胞に期待しながら見守っていますconfident
とにかく今は、STAP細胞が存在し、今後研究が進み医療に役立つことを祈っていますsign01


 

1